昭和59年生まれ、物心ついた時にはファミコンがあった世代でゲーム大好きな抹茶が 日々やっているゲームを中心に色々書いていきたいと思います(´▽`*)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
現状の記事だけだと不透明な部分も多いので、まとめてみたいと思います。

まずは今回使用した工具や部品。
【工具】
・#1のプラスドライバ
・#2のプラスドライバ
・T10のトルクスドライバ
・大きめのマイナスドライバ
・ニッパー
・プライヤー
・ボール盤(相手はプラなので、ピンバイスやキリで代用可)
・耐水ペーパー
・電工ペンチ
・はんだごて
・はんだ吸い取り機、はんだ吸い取り線

【部品】
・LS-32(ベースは使用しないのでどれでも可)
・OBSF-30 8個
・配線用のコード
・平型端子 110型 16個(ボタン用)
・平型端子 187型 8個(レバー用)
・レバー固定用の低頭ネジ

ここから作業に入る訳ですが、写真は現在上がっているものしかないので使いまわしでいきたいと思います。

①HORIレバーの軸をプライヤーで固定して、レバーボールを外します。(注意:自分の場合レバーは必要ないので強引な方法で外していますが、これは正規な手順ではありません。恐らくモーターを外せば軸を押さえる為の溝があると思います。)

②底板のネジ(6箇所)を#2のプラスドライバで外して、底板を外します。

FS基盤裏
③ボタンを止めているはんだを、吸い取り機や吸い取り線で取り除きボタンから基盤を外し、レバーから来ている振動モーターの配線も基盤から外します。

④レバーを固定している4つのネジを外してレバーを外し、配線のレバー側のはんだで止まってる箇所を温めながら外すか、ニッパーなどで切断します。その際どこにどの線がついていたかわかるようにしておくと後々面倒にならずに済みます。

⑤黄色っぽい基盤を止めているネジ(3箇所)を#1のプラスドライバで外します。基盤の下にはボタンや、レバーの切り替えスイッチなどがあるのでなくさないように気をつける事。

⑥基盤が完全にフリーな状態になるので本体から外します。

⑦ボタンをツメを押さえながら外します。自分は使用しないのでL3とR3ボタンを取り除きましたが、使用する場合はそこはそのままでOKです。

⑧天板を止めているネジ(7箇所)をT10のトルクスドライバで外して、天板を外します。

削るとこ
⑨レバー周りの出っ張りをニッパーで切り取り、耐水ペーパーで表面を平らに整えます。

穴あけ位置合わせ
⑩ベースを利用して、レバーを固定するための穴の位置を決めて印をつけて、穴を開けます。

裏面
レバー取り付け穴
これが加工後の写真です。

基盤
⑪基盤のボタンがついていた部分に線をはんだづけして、反対側に平型端子 110型を電工ペンチでつけます。

⑫レバー側の配線を延長するか長いものに交換して、線の先にボタンと同じように平型端子 187型をつけます。

⑬レバーをベースにつけてない状態で、ベースを止めていた部分のネジ穴を利用して低頭ネジで本体に固定します。

⑭天板を取り付けて、ボタンをしっかりとはめ込みます。

⑮レバー裏の切り欠きの部分に大きめのマイナスドライバを当てて軸を固定し、レバーボールを取り付けます。

PS2スティック中
スティック完成(仮)
⑯あとは元通りに組んでいけば完成です。

一応注意点をいくつか挙げておきます。
基盤は固定されていない状態なので絶縁処理をする事。自分は薄いゴム板を基盤に貼り付けましたが、梱包なんかに使われるプチプチを利用する人が多いようです。
あとボタンの端子部分は折り曲げないと底板が元通りはまらないので、曲げたくなければスペーサーなどを利用してください。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://xxmaccyaxx.blog107.fc2.com/tb.php/143-b882d9fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。