昭和59年生まれ、物心ついた時にはファミコンがあった世代でゲーム大好きな抹茶が 日々やっているゲームを中心に色々書いていきたいと思います(´▽`*)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんか牧田さんのブログを見ていて面白そうだなと思って、回線に不安を抱きつつアダプタを買ってきました。
今回チョイスしたのはプラネックスのGW-US54GXSで公式にXLink Kaiでの使用を推薦していて安価だったのでこれにしてみました。
これが後に結果オーライとはいえいい選択になりました。

日本の公式サイトを参考にセットアップを進めるもうまくいかないorz
それ以前にイーモバイルでXLink Kai出来るのか!?と思い、グーグル先生に聞いてみる。
あったよ!しかも丁寧に設定方法の解説つきで、しかもしかもGW-US54GXSの場合で!!勝手に神認定w
解説通りに設定を進めて動作確認したら無事他の人と繋がりますた!でも部屋に入る操作とか立てる操作とかした覚えが無いんですけど…。
怖くなって集会場から出てしまいました、あの時の人ごめんなさい。

XLink Kaiの操作もまだよくわからないし、HR2のヘタレでよければMHP2Gに誘ってやってください^^

参考サイト:http://pspadventure.com/psp-info/1037/
スポンサーサイト
前に友達が、ToVやりたいから弟から本体借りてくると言っていたので、先週見に行ったのですが、コアシステムでせっかくHDの液晶TVを使っているのにコンポジ接続でした。
これは勿体無いって事で、今度遊ぶ時に本体を2個持っていて片方はHDMIで接続しているのでD端子ケーブルが1本余っているはずだと思い、気軽な気持ちで「今度あげるよ。」と言いました。

金曜にまた遊ぶと事になって、「じゃあ持っていくか。」とすぐにHDMIで接続した為まだ袋からも開けていないD端子ケーブルを箱から開けて取り出す。
一応確認しておくかと中身を見る「そういやコンポジも接続できるんだよな、赤、白、青…ん?青!?緑もあるし、これは…。」
皆さんお判りだと思いますが間違ってというか、どう間違えたんだ!?という間違いですが、コンポーネントケーブルが入ってました。
多分こんな事でもないとずっと気づかなかっただろうなという発見に、驚きながらも笑ってしまいましたw
ちなみに間違ってケーブルが入ってた本体はHalo3スペシャルエディションです。

間違いケーブル
日曜に連射パッドやらゲイツポイントやら買うついでにワイヤレスゲームアダプターを買ってきました。
PCでxbox360のワイヤレスコントローラーを使う為のアダプタなんですが、何に使うのかというとPC用のフリーソフトのFrets on Fireをやる為です。
どんなソフトか簡単に説明すると、ビートマニアが流行った時に出てきたBM98のようなもので、自分で譜面を作って演奏する事が出来ます。
とは言っても自分は作るよりやる一方ですがねw

なんか公式〈派生の物もいくつかある〉のものは重いだとか、PCのスペックや環境によっては動かなかったりするみたいなので、やりたいって人はとりあえずソフトだけインスコしてみて動作確認をしてください。
ちなみに自分の場合は公式の最新バージョンで尚且つインストーラーのものでないと正常に動作しませんでした。
これまた自分は出来なかったんですがMODで見た目をGuitar Heroみたいにする事も可能みたいです。

Frets on Fire 公式?〈海外サイト〉
http://www.unrealvoodoo.org/

Frets on Fire 譜面置き場
http://customsongs.spaces.live.com/default.aspx
Frets on Fireの解説や、アイマス、ニコニコ動画でお馴染みのあの曲の譜面のダウンロードなんかはここを見るのがオススメです。

Frets on Fire Wiki〈海外サイト〉
http://fretsonfire.wikidot.com/
ここのSongs Databaseから飛んでいったところで色々な譜面をダウンロードが出来ます。日本の曲もいくらかありました。〈要ユーザー登録〉

譜面データの導入方法ですが、解凍して出てきた譜面データの入ったフォルダをFrets on Fire\data\songsに突っ込むだけです。
気になる人は是非やってみてください^^




いよいよテイルズ オブ ヴェスペリアの発売日が迫ってきたということで、ちょいとテイルズの事でも書いてみようかと思います。
一応自称テイルズヲタですが、いくつかプレイしてないタイトルもあったり^^;
特に好き嫌いはなくいのまた絵だろうと藤島絵だろうと構わずやります。

テイルズ
ちなみに持っているソフトはこんな感じです。

テイルズって有名みたいだしXbox360で出るから買ってみようかなって思ってる人も少なくはないと思うので、簡単にどんなゲームなのかまとめてみたいと思います。

ジャンルはRPGなんですが、戦闘はエンカウント式〈タイトルによってはシンボルエンカウント式〉で日本で主流のコマンド式ではなく格ゲーに近いアクションになっているのが特徴です。
一番最初のタイトルであるスーパーファミコンのテイルズオブファンタジアですが、俺の大好きなAAAのメンバーが携わった作品で、ファンタジアを作る過程で発売元のナムコといざこざがあり、当時の開発者の大多数がそれに反発してAAAを設立したという経緯があったりしますw
テイルズのベースはAAAが作ったと言っても過言ではないでしょう。
現在は初期のものを進化させていった2Dのものと、GCのシンフォニアから始まったまだ歴史の浅い3Dのものがあります。

各作品に主題歌があります。
これはSFC、携帯アプリなど問わず必ずあります。
今回のヴェスペリアはBONNIE PINKの鐘を鳴らしてという曲ですが、個人的にはテイルズに使われる曲はどれも好きな曲ばかりです。
特にアビスのカルマなんかはゲームをクリアしないとわからない歌詞の深さが印象的でした。

ストーリーに関してですが、どの作品も対象年齢は中学生くらいまでという感じで、社会人がやるには厳しい内容です。
なのでこの辺はあまり期待してるとガッカリするかもしれません。

最後に今のテイルズが支持されている理由であろう最大の魅力は、個性溢れるキャラクターです。
前に挙げた厳しいストーリーもこのキャラ同士の絡みでヲタなら帳消しに出来る!!かもしれませんw
声優も毎回豪華で最近のRPGにありがちな棒読みなんて事が無く安心して聞いていられます。
最初の方にちょっと話に出てきましたが、キャラクターは大体いのまたむつみさんか藤島康介さんの二人がデザインしています。
ヴェスペリアでは藤島康介さんが担当で、漫画では逮捕しちゃうぞ、ああっ女神さまっを描いていたり、他のゲームではサクラ大戦シリーズなんかでもキャラクターデザインをやっています。
目敏い人はもうお気に入りのキャラがいるんじゃないですか?w

色々書いてみましたが、文才なくてスマソ。
購入を悩んでる人に少しでも参考になればなと思います^^
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。